ちょいクスッ「悪筆」

ねえねえ、ちょっと〜

本日のクスッとなった小ネタ

悪筆(あくひつ)とは、一見読めないような書き物、あるいはその書き手の下手さを指す。その書き手のことを悪筆家ということもある。多くの場合、書いた人自身にしか読めない。暗号とは別物である。暗号は読めないことを目的として通常でない表記法を取るのに対して、悪筆は通常の表記法を用いているのに読めない、あるいは読みにくいものを指す。

読めない原因としては、「字が下手であること」、「下手ではないにしろ個性的であること」が挙げられる。上手で流暢な場合(草書体など)には、素人には読めなくても専門家には読めるので、悪筆とは言わない。

ウィキペディアより引用

 

つらつら思うことがあって、
「悪筆ってなんだったっけ?」
となって、ウィキペディアに行ったら上の説明でした。

なかなかの悲壮スキル。この世の愛すべきものと認定しました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました