「湯山荘 阿讃琴南」 香川でのんびりできるいいお宿

ぶらり旅

香川県の山のほうにある温泉宿「湯山荘 阿讃琴南」でまったり一泊しました。

ロビー

お宿に入ると突き当たりに薪ストーブがあります。

そばでは木のいい匂いがします。

本館客室

ふかふかベッド。

露天風呂付きのお部屋にしました。

いつでも好きなだけ浸かれる贅沢。

河畔風呂「せせらぎ」

お部屋の温泉もいいけど大浴場もいいです。

夕食まで温泉三昧いたします。

と、

部屋を出て浴場に向かっていますと、2階のエレベーターホールそばの空間に目がとまりました。

おや? あれに見えるは、

あれに見えるは……

ピーコックチェアではないの。

おお、ピーコックチェアではありませんの。

いえ、インテリアに興味はありません。一年前のちょうど今頃デザイナーズチェアについて授業を受けたので見覚えがあったのです。

ピーコックチェアが目の前で実在することに感動しました。

温泉、温泉。このコーナーは温泉のコーナーなのです。

渡り廊下を歩いていきました。

その先の建物に入って、

入り口でバスタオルとタオルをお借りして、女の人は女湯に入ります。

しばらくすると誰もいなくなって貸切状態になりました。広い空間で真っ裸で一人(と友人)。

(誰もいませんが撮影禁止なので写真はありません)

そばの川の音と木の葉がたてる音がしています。

朝と夕で女湯と男湯が替わります。朝風呂もしました。

囲炉裏ラウンジ

夜にロビー横のラウンジでマシュマロをもらいました。

ラウンジには囲炉裏があって、囲炉裏でマシュマロを焼きました。

初の焼きマシュマロです。

マシュマロが想像を超えて美味しいものに変わりました。

外側が焦げて香ばしく、かじるとビヨ〜んと中の柔らかいところが伸びてきます。さらに中はあわあわ(?)に液体状になっています。綿菓子のような味でした。

香川といえばうどん巡りになりますが、あまり詰め込むとしばらくうどん嫌いになるおそれがあるのでほどほどにして、

静かなお宿で地元の食材によるお食事を楽しみ、温泉でまったりのんびり過ごすのもいいものなのでした。

スポンサーリンク
ぶらり旅
スポンサーリンク
てけ緒ワールド
タイトルとURLをコピーしました