ファイアーエムブレム外伝再び

ゲーム

Amazonをうろつくのが日課のようになっておりまして、

昨日はポチってしまいました。久々のゲーム。

「ファイアーエムブレム Ecoes」

今は昔、ファミコンなる家庭用ゲーム機がありました。
その時代に、ファイアーエムブレムシリーズの中でてけ緒がいっちばん初めに遊んだファミコンカセット「ファイアーエムブレム 外伝」。

それが名前を変えてニンテンドー3DSで美麗になって現代に戻ってくるですって!?

シリーズ初代である「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」は、時代を経てスーパーファミコン、ニンテンドーDSでリメイクされてきました。

しかし2代目「外伝」はずっと置き去りにされていました。

8作目「聖魔の光石」が外伝と同じような作りで、11作目の「覚醒」も外伝っぽい要素がありました。だから外伝はもういいでしょ? という雰囲気で、リメイクしないんだなと思っていました。人気がないのかなと思って残念でした。

「ファイアーエムブレム 外伝」って何ぞ

あっさりしたネーミング、なんの外伝なんだ、そもそもガイデンって何だよ、とか色々知らないまま始めた。

何ぞ、って聞かれても私もわかりません。

けど、個人的には初ファイアーエムブレムということもあって、何周しても面白かったし、画面そのままにして音楽だけ流し続けるくらい、音楽も好きだったんです。

その外「ファイアーエムブレム 外伝」が「ファイアーエムブレム Ecoes」としてリメイクされたと。

いつもは予約はしませんし、レビューで世間の評判を確かめてからでないと買いませんが、今回ばかりは別。ハズレでもなんでもいいのです、蘇ってくれて嬉しいです。

というわけでポチりました。

「ファイアーエムブレム」とは

全然ご存知でない方にご説明させていただきますと、
ファイアーエムブレムとは、手強いシミュレーションゲームです。
一言、それです。

将棋のように盤上で敵味方が布陣して戦います。
相手の動きを何手も読んで動かないとやられます。すなわち駒が死にます。
戦闘で駒(キャラクター)が死ぬと、本当に死ぬのでその後はいません。
何回死のうが教会ですぐさま生き返らせれてエンディングまで一緒に冒険できるドラクエに慣れてしまった身には衝撃が大きいです。リセット必須です。(近頃は生き返る緩いモードがあります)

私てけ緒はファイアーエムブレムに関してはオタクです。

任天堂公式のサイト「ファイアーエムブレムワールド」に伺っておりましたが、私、ファイアーエムブレムオタクを名乗るには知らないことが多くありました。「If」も「ヒーローズ」も未プレイでございます。
それでもファイアーエムブレムに関してはオタクと言い張ります。
「外伝」と「紋章の謎」と「聖戦の系譜」、何周したかわからんくらいやってます。
古いオタクです!
あー、でもでも、一番楽しいのは「蒼炎の軌跡」かな!

あー、周りにファイアーエムブレムオタクの人がいてくれたらだいぶ楽しいのになあ。

スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク
てけ緒ワールド
タイトルとURLをコピーしました