頼りになる白花油

アイテム

今年は蚊がおらんなあ、アース「おすだけノーマットスプレー」のおかげか?

と、思って夏を終えようとしていたら一昨日くらいに刺されました。三箇所赤くなっていて時々かゆい。この頃の蚊って音がなくて気づいたら刺されている気がします。蚊なのかもわからない。なにせ姿を見ていません。

虫刺されの薬を買わずにやってこられたのに今頃どうしてくれようと思案していたら、思い出しました。

いいもの持っていたんだ。

以下、とっておきの情報です。

hakkayus

小さいけど頼りになる万能薬

「白花油」「緑油精」

二週間前に台湾に行った時に、自分用のお土産に種類の違うハッカ油を一つずつ買っていたのでした。女性の手のひらにすっぽり収まる小ささでレトロかわいい。

小瓶の中の液を指にとって患部に塗ると、すーっとした清涼感がかゆみを消した。爽やかなミントの匂いがする。匂いが消えたらまた塗りたくなって塗る。いい匂い。

ハッカって、漢字にすると薄荷だ。なんで白花なんだろう。白花油も緑油精も、薄荷だけでなく樟脳など他の成分が入っているらしい。単に薄荷油ってことじゃない、商品名なのね。台湾のご家庭ではおなじみの万能薬なのだそう。虫刺され、やけど、頭痛、乗り物酔い、なんでもこい。今までラベンダーの精油を持ち歩いていたけど白花油のほうが用途が広い。

 

薄荷のみならず樟脳までも入っている! 最強か。

 

この万能薬は台湾のガイドブックに紹介されていますが、去年台湾に行った時は素通りしました。でも今年は絶対にこれを買うと決めて行ったのです。

 

今年の夏前、私の部屋にムカデが出たんですよ。

 

四度ですよ、四度。四度も、全部私の部屋だ。なんでよ。

音がするわけではありません。でも捨て置けない、そろそろとした気配を感じます。捨て置けない嫌な感覚。それで目を向けたら、目を向けたら、

這っているんですよヤツが。

見れば実際、音はしています。あのすんげー足がざわめいているんですから。おお、おぞましい。うるさくはなく、音量としては無視できる。でも絶対に無視してはならないやつだった。

一度目のあと敷地周りにムカデ除けの粉をしたのにまだ出るので、しかも夜にばかり、おちおち寝ていられなくなりました。この夏を無事に乗り切れるのだろうか。無事で済む気がしない。私はググりました。助かりたい一心でググりました。見たくもないムカデを画面上でも見ましたとも。食欲旺盛でどう猛な、脅威の生命体。こいつは強い。そう、とっさに隅に逃げ込む素早さや叩いても叩いても動く生命力を目にしてきたあとなんだ。そう、まるでアイツ並。弱点なんかあるのか? と思えましたが。

ヤツはハッカ油に弱いというんです。

ハッカ油? ないよ。ペパーミントの精油で代用できるかと思いましたが、ミントは持っていませんでした。ユーカリとティートリーならあるんですけど、これではダメですかね? とパソコンに話しかけても不安が拭えない。ハッカ油と言ってるんだからハッカ油が欲しい、今すぐ。どこで売ってんのよ、見たことないわい。落ち着きを失くしながらさらに調べていくと、ヤツは樟脳にも弱いらしいことがわかりました。

薄荷にも樟脳にも弱いとは、まさに虫ケラ! 私は力を取り戻して、速攻でタンスの中の「着物用しょうのう」を取り出し、部屋の四隅に置きました。隣の部屋にも置きました。う、すごい匂う。くさい。

恐々と数日を過ごしていましたが、それからムカデは現れませんでした。

 

そいういう経緯で私は安心しきることなく、台湾でハッカ油を手に入れて戻ったのでした。

 

私の家の周辺はムカデが多く、お隣もムカデ除けの粉を大量にまいています。近所のスーパーには時期になるとムカデ除けとムカデ用殺虫剤をずらりと並べてあります。来年はハッカ油も並べてくれないかなあ。この「白花油」と「緑油精」も取り扱って欲しいなあ。

虫にお困りの皆様。ヤツやアイツを「白花油」で撃退してやりましょう!

運よくヤツらに出くわさずに過ごす年も、「白花油」は活躍してくれます。私の場合は虫刺されに塗りました。

白花油をとった指で不意に鼻の下をこすったら鼻息がスースーする。鼻の下に塗ると刺激的な爽快感を味わえます。鼻づまりに効きそう。

 

fan&phial

夏の風物詩?

 

ちっちゃかわいい。

 

 

ラベンダーの精油もオススメ

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク
てけ緒ワールド
タイトルとURLをコピーしました