後世に繋げよ、芋煮あん

食糧

スーパーで見かけるとよく買う芋煮あん

芋煮あんというのは、

サツマイモの干したようなのと小豆を一緒に炊いたん

小さめのパックに入っている。小さめだけれど、イモだから一気に食べるとがっつりくる。コスパよしのスイーツ。

スイーツと表現したけれど、見た目は全然ときめかない。知らない人は買いそうにない。はっきり言って、全然美味しそうでない。
というか、不味そう。
ここまで美味しくなさそうに見えるものもそうない。

「芋煮あん」で検索しても、出てくるのが豚汁のような「芋煮」というものばかりなので、てけ緒の不安は増した。

not 芋餡! not 芋煮! not いもあん! not いも煮!

ノンノン、「いもあん」でも「いもに」でもアリマセン。

「いもにあん」だよ。
「いもに餡」でも「芋煮餡」でもいい、

とにかく、芋煮あんだ。

ひょっとして、絶滅危惧種なのでは?

実際どのスーパーでも見かけるわけではない。置いてあるスーパーにも仕入れが少ないようで2個くらいしか並んでいない。てけ緒が買わない日は誰が買っているの。みんな芋煮あんを買ってるの? 正直てけ緒も夏には食べたくない。

みんな芋煮あんをひょっとして知らないの?

別の名前があるのだろうか。
「ぶたじる」と「とんじる」、どっちも一緒。そういう別名が、芋煮あんにもあるのかな。そうでないと、あまりにも世に浸透してなさすぎる。Yahoo!で検索して、出てくるものが「芋煮」すぎる。完全に別物。ひょっとしてみんな知らないの!?

「芋煮あん」、それは

ぜんざい(これも関東で関西では違うらしい)の中に干し芋を一緒に入れて、煮て煮て煮えたぎらせたら汁がなくなっちゃいまして、煮くずれた干し芋と餡子のかたまりになりました

って感じの代物(あくまでも個人的感想で実際の作り方ではありません)。だから色はくすんだ小豆色。

盛り付けは、

鍋からお玉ですくったのをパックにのせて、ラップができるようにせめて平らかにしました

というような代物(あくまでも個人的感想以下略)。形もへったくれもない。地味中の地味。ここまで美味しくなさそうに見えるものもそうない。

でも、美味しいんだよね。干し芋と小豆の素朴な味。ほっこりするやさしいおやつなの。

カワイイだけがすべてじゃない

いまのおばあちゃんたちが死んでしまって、いまの私の世代がおばあちゃんになって、それで死んでしまったら、この「芋煮あん」を作る人も売る人も買う人もいないんじゃないかと、不安になる。次の世代にちゃんと継承されてるのだろうか。

高校生とか中学生とか、食べたことあるのだろうか。お母さんは作ってくれたのかな?

見た目がときめかないからバレンタインデーに作るようなものじゃない。友達に配れる形状じゃない。写真にとらないから誰もアップしない。だから世に浸透していないように見えるだけだよね?

ねえねえ、みんな、キレイでなくてもカワイくなくても、
好きなものがあるよね!

みんな「芋煮あん」好きだよね!

追記 2020年2月)こんなミニサイズがあったなんて嬉しい。

スポンサーリンク
食糧
スポンサーリンク
てけ緒ワールド
タイトルとURLをコピーしました