日本人好み、手天品の鳳梨酥

tetennpinncard

お気に入りのパイナップルケーキ。

焼き菓子好きで基本的にパイナップルケーキは好物。その中でも一番のお気に入りは「手天品」のパイナップルケーキです。

tetenpin-pineapplecake

くるみ入りと原味

台湾旅行ガイドブックのパイナップルケーキのページでは、このお店を見かけたことはまだありません。旅行好きの友達に教えてもらったお店です。ネットで検索すると「台湾ナビ」で取り上げられていて、他にもファンの方がブログで書いてくれていますのでわかると思います。パイナップルケーキ専門店ではなく、こじんまりとしたパン屋さんです。ケーキ屋さんかな。

ほろっと崩れる柔らかい生地を求めるなら、パイナップル餡にパイナップルのジューシーさを求めるなら、ここではなく他に美味しいパイナップルケーキはあります。でも私の一番はここの。教えてくれた友達の一番もここ。一緒に旅行に行った友達も手天品だって。

これだけ意見がそろえば、言っちゃっていいでしょう。手天品のパイナップルケーキは美味しいよ。

一度台湾のお土産でパイナップルケーキをもらったことがあったとして、その時に、う、パイナップルって何よ、気持ち悪いジャム入れてるやんけ、と食す前に拒否反応を起こした方や、食した上で、う、まずい、二口目いくのか、いくのか自分? 一箱ももらったのにどうする、と苦悶なさった方、そんな方々にもおすすめできる、日本人が食べやすいパイナップルケーキです。

ここのパイナップルケーキは生地が固め。餡も乾いている感じ。素朴。地味。素材の味。スコーンを連想させる。(ホメてます)

賞味期限は買った日から2週間。買うときにお店の人が必ず教えてくれます。人に配るときはお早めに。

オーガニック素材にこだわっているそうです。納得の素朴さ。他のパイナップルケーキはいくつも食べられないけど、ここのは3個一気に食べたい。今回も10個買ってきたうち8個自分で食べてしもた。

手天品のロゴ↓ ハンパない手作り感

tetennpinncard

台湾のお店って、名刺サイズのこういうカードくれるよね。裏面↓

tetennpinncard

「手天品」のカード裏面に書かれてある地図

あはは、この地図わかりづらい

場所: No. 188-1, Chaozhou Street, Da’an District, Taipei City, 台湾

MRT「東門」駅から歩いていけます。永康街を南下。10分もせずに着いたかな

関連広告